ピルは女性が行うことができる避妊方法として紹介されることが多いですが、女性がピルを常用することで得られるメリットは実は沢山あります。ピルを購入するなら病院よりも通販サイトでの購入の方がメリットがあります。そんなピルについて詳しく解説していくので、ぜひ活かしてみてください。

ピルの不正出血が次第に治まるのは何故?

髪が長い女性

ピルを服用中に不正出血が起こることがあります。
これはとくに珍しい現象ではありませんが、体に問題がない場合もあれば注意しないといけない不正出血もありますから注意が必要です。
通常ピルを飲み始めた1シート目では25~30パーセント程度の割合で不正出血をおこす人がいますが、その多くはいつまで経っても生理が終わらないという形で現れます。
どうして1シート目に不正出血が起こりやすいのかというと、生理初日にピルを服用すると本来の月経の出血が止められてしまいます。
排出されるはずだった経血が子宮内にとどまることになり、いつまでも生理が続いてしまうことがあります。
また、もともと体から分泌されるエストロゲンに加えてピルのエストロゲンが加わり不正出血を起こすこともあります。
こういったタイプはシートの中間から後半にかけて出血することが少なくありません。

もしピルを服用中不正出血が起こった場合でも、効果が軽減されることはありませんが、嘔吐や下痢などの体調不良が原因で十分にピルが体に吸収されない場合には、効果が弱まる場合がありますから十分注意が必要です。
また3ヶ月以上も出血が止まらないというような場合にはピルが理由の出血ではなく何らかの疾患や病気の可能性も考えられますから注意が必要となります。
子宮がんは初期の段階では不正出血が起きたりおりものが増えるという症状がでることがあります。
こういった初期の段階で早期に婦人科を受診すれば根治することは可能ですが、受診が遅れてしまうと症状が進行してしまい手遅れになるケースも少なくありませんから、怖がらずに受診するようにしましょう。
子宮体部の壁は子宮内膜・子宮筋層・腹膜の3層構造となっています。
内膜から発生したがんは徐々に筋層へと広がり放っておくと子宮頚部や膣・直腸・膀胱・卵巣・卵管へと広がってしまいますから、子宮筋層の2分の1以内にとどまっている段階で治療を行うことが大事となります。

不正出血に注意!それ本当にただのピルの副作用?

ピルを服用中に起きる不正出血で病気を過度に心配することはありません。
飲み始めだけでなく、しばらく経ってからであっても長期間のピルの服用で子宮内膜が多少脆くなったことが原因で不正出血が起きることもあります。
この場合もしばらく飲み続けることで止まるので大きな心配はありません。

しかし中にはピルの副作用とは関係ない不正出血があります。
もしもピルを飲み始めて3ヶ月以上たっていて不正出血が止まらない場合などは一度病気を疑う必要があります。
不正出血を軽く考えてしまわないよう、気を付けるべき不正出血を見極めることが大切です。
不正出血が起こる理由は2種類あり、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因で起きる「機能性出血」と、膣や子宮に何らかの疾患があることが原因で起きる「器質性出血」に分けられます。
後者の場合特に注意が必要で子宮がんなどの可能性があります。

婦人科系の病気にかかっている場合の不正出血においては、経血の状態に異常がみられる場合もあるので普段との違いに気付けるように日ごろから注意しておきましょう。
経血がドロッとしたレバー状の塊になって出てきたり、量や色などに異変がおこることもあります。

子宮がんは早期発見で根治することも可能です。
初期症状である不正出血の段階で気がつくことができれば、その後の治療において大変有利に働きます。
小さなことを見逃さないようにすることが大切です。

器質性出血であっても出血の量が極少量の場合もあります。
ほんの少しティッシュにつくくらいであったり、おりものに少し血が混じっただけのようなものも不正出血に含まれます。
出血量が少なかったからといって軽く考えることはできないので注意しましょう。