ピルは女性が行うことができる避妊方法として紹介されることが多いですが、女性がピルを常用することで得られるメリットは実は沢山あります。ピルを購入するなら病院よりも通販サイトでの購入の方がメリットがあります。そんなピルについて詳しく解説していくので、ぜひ活かしてみてください。

ピルを一生涯飲み続けた場合の費用

たくさん日本円

女性がピルを飲む年齢は、妊娠が可能になり、妊娠する可能性が出てきた時点からですので、人それぞれ異なります。
さらにピルを飲む目的は避妊のためだけでなく、病気の予防や治療のためということもありますので、場合によっては一生飲み続けることにもなるかもしれません。

妊娠や病気の予防の場合の先発医薬品であれば、月に3000円程度が目安と考えられます。
後発医薬品が出ている場合は若干安くなり、2500円程度に抑えられるでしょう。
先発医薬品を飲んでみて、副作用が出なければ後発医薬品を試してみることで、ピルの値段を抑えることができます。

月経困難症のような病気の治療の場合は、中容量のピルが使われることがあります。
これは保険が適用されるので、3割負担で済み、経済的に助かりますが、処方期間は3か月程度です。
その後、ピルを飲んだことでつらい症状が楽になれば、低用量に切り替えて服用を続け、月経困難症の治療を続けていくことになります。
この場合も、先発医薬品だけでなく、値段の安い後発医薬品を試してみることで、費用を抑えることになるでしょう。

かつてのピルは、体への負担を考え、35歳までしか飲めないとされていましたが、最近では超低用量というのができ、年齢を気にせずに飲めるようになっています。
ピルを服用することで排卵を止めることができるため、卵巣の皮膜が排卵のたびに傷つき、がんができるリスクを抑えることができます。
さらに、ホルモンバランスを整える作用がありますので、35歳以降は超低用量に切り替えることによって、つらい更年期の症状緩和にも効果が期待できるというのがメリットです。

若いうちはピルを服用することで月経困難症の改善をし、年を経るにつれて超低用量に替え、更年期の不調にも対処することができます。
一生涯飲み続けた場合、平均してひと月2500円と見て12ヶ月、それを何歳から飲むかによって費用の額は変わりますが、かなりの額になることだけは間違いありません。

ピルは種類で値段が様々?安く買うことはできないの?

ピルは一生飲み続けると、その総額はかなりの額になることがわかっています。
一方でピルの種類によって価格は様々です。
月経困難症の治療として婦人科で処方してもらうケースでは、健康保険が適用されるので三割負担で購入できます。

しかし、それ以外の使用用途では自費になります。
利用する側としては、できるだけ安い値段で購入したいという人が多いのが実情です。
かかりつけのクリニックによって処方されるピルの金額が異なるのは、自費診療となるのが理由です。
できるだけ安く買いたい場合には事前に問い合わせをして、なるべく安く処方してくれるクリニックにかかるのが良いでしょう。

最近では超低用量タイプが人気で、副作用をより抑えているのが特徴です。
そのため避妊効果や美容効果が得られることなどもあり、ピルの使用は注目を集めています。
新しい製品のほうが既存の製品よりも価格が高く設定される傾向にありますが、最近では海外から個人輸入で安く購入している人が多くなっています。
海外では経口避妊薬は薬局で買えることもあり、日本のように処方箋が無くても購入できるため、海外通販も可能です。
現地の業者は様々な避妊薬を販売しているため、日本で販売されている金額の半額以下で買えることも少なくありません。

長くピルを飲むようになると気になるのがその購入金額ですが、長く服用している人の中には特に海外通販で入手している人は少なくありません。
1シート当たり1000円以下で購入できる製品も多いことから月々のコストを少しでも安くしたい人の間では特に人気で、インターネット上でも情報が盛んにやり取りされています。
日本の通販サイトと利用方法も同じで、一週間程度で発送してもらうことが出来ます。