ピルは女性が行うことができる避妊方法として紹介されることが多いですが、女性がピルを常用することで得られるメリットは実は沢山あります。ピルを購入するなら病院よりも通販サイトでの購入の方がメリットがあります。そんなピルについて詳しく解説していくので、ぜひ活かしてみてください。

ピルを飲んでいる女性相手には中出しOK?

悩んでいるカップル

ピルを飲んでいる女性相手には中出ししても良いものなのでしょうか。
ピルには避妊効果がありますので、避妊のことだけ考えるのであれば、OKかもしれません。
ただし、ではその女性がピルを飲んでいるとする根拠は何でしょう。
その女性の自己申告でしょうか。
自分としては妊娠させたくないけど、相手の女性はどうでしょう。
妊娠してあなたに責任を取るように求めて、結婚に持ち込もうと考えているかもしれません。
ピルを飲んでいる女性と言うのは、まずピルの服用の真偽を明らかにしておかねばなりません。

また、最初の内はピルを実際に服用し、ある程度回数を重ねてから服用をやめてしまう女性もたまにいます。
そのため、ピルを飲んでいると女性から自己申告があったとしても、中出しをするのであれば最悪子供ができて結婚しても構わないと思う相手としかしてはいけません。
あなたの人生設計に大きな想定外の事象をもたらすことになります。
もし、そういったことは望まないというのであれば、コンドームを適切に利用して、しっかり自己責任で避妊をするべきでしょう。

中出しは男性にとって本当に気持ちの良いものです。
そして欲望を満たす行為でもあります。
そのため、その魅力に憑りつかれ、リスクの方に目が行かず油断してしまいがちです。
女性からピルを飲んでいるから大丈夫と言われたときは、特に己の欲望を抑えることが困難になります。
妊娠の心配は無いと言われているのですから。
ですが、そういった局面が来たら、今一度、冷静に中出しのリスクについて考えてみてください。

それと避妊の問題とは別に性病の問題もあります。
ピルを飲んでいることと性病に感染していないというのは別次元の話です。
仮に、その女性がしっかり適切にピルを服用していたとしても、それは避妊効果をある程度保証するものであって、クラミジアなどの性病に感染していないことを保証するものではありません。
なお、性病の問題については以下で詳細を述べます。

ゴムなし性行為で性病に!クラミジアなどに注意

中出しを一度でも経験したことのある男性なら、その癖になる気持ち良さは理解できます。
これから肉体関係を持とうとするとき、女性の方から、「ピルを飲んでいるからゴム無しでも大丈夫よ。」などと言われたら中出ししたくなるのは当然です。
ですが、そこには性病のリスクと言うものが一切考慮されていません。
ピルは避妊に対して効果が認められています。
飲み忘れなどが無く適切に女性が服用していれば、妊娠することはまずありえないと考えても良いでしょう。

ですが、それはあくまで避妊であって性病の予防ではないのです。
クラミジアや淋病、梅毒など数多ある性病に対して、ピルは全く効果はありません。
むしろ、ピルの服用によって避妊がほとんど完璧な状態となるため、性病感染のリスクの高い性行為をしてしまう恐れがあります。
クラミジアや淋菌など性病の病原体は、感染者の感染部位と非感染者の粘膜などが接触することによって相手を感染させます。
コンドームを装着すれば、感染者の感染部位と非感染者との間に物理的なバリアができ、病原体を相手に感染させることがなくなります。
もちろん、毛ジラミや梅毒は皮膚感染もするので、コンドームで守られた部分以外に感染することがあり、コンドームも完璧な対策にはなりません。

しかし、コンドームは費用が安く体への負担も少ない上、避妊効果も非常に高く、多くの性感染症の感染予防にも極めて有効です。
男性にとってコンドーム無しのセックスと中出しは本当に気持ち良く、チャンスさえあればとりあえずやりたいと思うものです。
ですが、その快楽には大きなリスクが常に付きまとっています。
どうしてもやりたいというのであれば、お互いにブライダルチェックのような検診を受けてからコンドーム無しで行ってください。